未分類

ポケくじで引いたポケモンのドット絵を描く

Pokemon Advent Calendar 2018
12/23の記事です

 



 

こんにちは。hyuisと申します。

ポケマス新参者ですが折角ほとんど埋まったアドカレ、
穴が開くのは忍びないと思い
勢いで手を上げてしまいました。

趣味でときたまドット絵を描いているので、
今回はポケくじで引いたポケモンのドット絵の
メイキング過程をスクショを交えて紹介します。

自分の絵を大々的に公開したりすることもほぼなく、
ましてその解説なんて初めてなので
どうか生暖かい目で見てやってくらさい!

 



レジスチルを引きました
波導の勇者に出た時の

ビロビロビロビロビロゴォンゴォンゴォンゴォン

って鳴き声が印象的ですね

使用ソフトはEDGE touchです
使用機材はiPhone8と100均で買ったスタイラスです

64×64px,8色くらいで描いていきます
最初に色数決めちゃうと
凝り過ぎて疲れちゃうのを予防できます

まずは2×2pxくらいのペンで素体っぽいものを描きます

描きました ワーイ

先にやっとかないと
忘れて後で泣きながら切り貼り作業をする事になるので
レイヤーを作成します

普段はめんどくさいので名前とかつけてません

適当に色を置いていきます

足は身体と同色にすると境界がわかりづらいので
とりあえず暗色で書きました
パンダみたい

右手が身体より奥になったので
脚のレイヤーに描いちゃいました

行き当たりばったりです

身体を塗っていきます
とりあえず影付けますかね

ベースの色を元に色を作ります

レイヤーオプションから他パーツを不可視にして

色域指定ツールで外殻の色を選択します

塗ります

適当に色作った割にわりとそれっぽくなって嬉しい

この辺から拡大したりしながら
1pxのペンで調整したりしてます

ポケモンの塗りって影とベース色の間に
もう一色中間色が入ってることが多いんですよね

なのでパクります

ハイライト入れます

色のコピペ機能が地味にありがたい

金属って塗るの楽しいですね

この辺で調子乗って塗ったはいいものの
まだまだパーツが残っている事に気付いて絶望します

 



次は内部の黒い部分を塗っていくかなー

色域指定は基本

ぽくなって来ましたねー

お目目

いや目なのかなコレ

脚を塗っていきます

塗りました

あんまり説明することがなくなって来ますね…

お次は腕ー

形を整えて指と模様を描きます

ここで肩パーツを描き忘れている事に気づく
まあ後回しにして影とハイライトを塗ります

塗りました

レイヤーミスに気づきますがキニシナイ

解像度が低いので致命的なミスにならないのが
ドット絵のいいところですね!
(そういう事にしておいてください)

肩を描いたら…

…いろいろ微調整して

完成!

 



最後まで見ていただいてありがとうございます
描きながら思ったことを書いただけの拙い解説でしたが
いかがだったでしょうか…!

思ったより雑に描いてんなと思って頂けたら幸いです
本当にその通りなんです

解像度が低いために修正が容易で、
線画だと綺麗な線が描けなくても
足し削りでそれっぽい曲線が描けます
スマホ+スタイラスでもあまり困らないのもこのおかげ

色数を絞ると描いた後でも色の調整が容易なので、
首を捻りながら塗りを何度もやることも少ないです
想像の補完も効くし

ドット絵は想像より簡単に描けてそれっぽく見えて
それでいてこだわり甲斐もある素敵な表現方法なので
皆さんも是非いちどトライしてみてください!

おわり


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c6086091/public_html/mastportal.info/wp-content/themes/mastportal/template-parts/content-single.php on line 97