P「ちょいと一服。」

ある日の765プロライブ劇場。時間は夜7時を回った頃。

劇場事務室の扉を開く。

P「お疲れ様でーす。」

美咲「あ、プロデューサーさんっ!おかえりなさい。お疲れ様です♪」

P「あれ、美咲。なんか良いことでもあったのか?」

美咲「えへへ~。今日は次の衣装のデザインをしていて、丁度出来たところなんですよ~!」

P「へぇ…後でチェックしていいか?」

カバンを自らのデスクに置き、そのカバンから何かを取り出す。

美咲「あれ、何か用事ですか?」

P「いやぁ…今日の現場バッタバタだったから、ちょいと一服しようと思ってね。」

美咲「なんだ~そう言うことでしたか~。でも プロデューサーさん?」

P「ん?」

美咲「あんまり吸いすぎると、身体に悪いですよ~?」

P「あっははは。心配してくれてありがとう美咲。

でも、この一服がまた至福なんだよねぇ…」

美咲「もう~。社長に怒られても知りませんからね~。」

P「わかってるわかってるって。んじゃ、ちょっと屋上に行ってくるね~。」

同僚の心配をよそに、タバコとライターを手に事務室を出る。

この劇場の屋上は、開館中は開放されていて、スタッフの喫煙所にもなっている。

公演の仕込みやバラしの際は、ステージスタッフが休憩がてらやって来ることが多いが、公演のない、平日の夜。

聞こえて来るのは、少し遠目の海鳴りと、近くの幹線道路を通る車の音だけ。

時たま、幹線道路の上を走る列車の音が聞こえる程度。

P「静かだねぇ…」

箱からタバコを取り出し、フィルターについているカプセルを潰し、

年季の入ったジッポライターで火をつける。

ヒンジの開く音、フリントが擦られ、火がつく音、そして、軽やかに閉じられたリッドの甲高い音。

P「ふぅーっ…はぁ…」

半日ぶりの煙の味を堪能する。

もしこの後担当アイドルと飲みに出かけたりしたら、

「もうプロデューサー!タバコくさ~い!」って、笑いながら言われることだろう。

しかし、何度身体に悪いと言われても、考え事をしたり、

頭の中を整理するにはこの時間が必要不可欠。

このご時世においては、少し古いタイプなのかもしれないと、

少し自虐的な思考に至る。

すると唐突に、閉めていたはずの屋上の扉が開く。

P「あれ、こんな時間に…」

現れたのは、徳川まつり。

ちょっとだけ疲れたような表情が垣間見えるが、こちらに気づくと、

まつり「あ、プロデューサーさん。お疲れ様なのです。」

と、いつもの姫スタイルの表情になる。

かつての担当アイドル。徳川まつり。

今は、プロデュースからは外れたものの、彼女のマネジメントを主に担当している。

P「おっす。おつかれさん。」

まつり「プロデューサーさん、またタバコ吸ってるんです?」

P「俺は1日一箱ギリギリまでは許容量って決めてんのー。」

まつり「身体、壊しますよ?」

P「ただでさえストレスフルな仕事なんだ。大して変わんねーよ。」

まつり「…それも、そうですね。」

俺がここにいて、彼女がここに来る時は決まってこう言う会話から始まる。

年下に何心配されてんだって話だけど、そこは関係ない。

彼女達が舞台上で輝く為に、どれだけの事を犠牲にしているかを考えると、

この程度の事が些細な事に感じられる。

…それはきっと、彼女もそう感じていると思う。

まつりが静かに隣に座る。

屋上に置かれたベンチは、天気のいい日には未来・静香・翼が3人で仲良く昼飯を食ったりしている。

俺が座るのは、灰皿側の端。まつりは、反対の端にちょこんと座る。

P「何があったんだ?」

俺の言葉に、まつりは少し苦い表情を浮かべる。

まつり「プロデューサーさん、やっぱりずるいよ。」

P「なんだよ。いつものことだろ?」

まつり「…それもそうだね。」

まつりは、その日にあった現場での失敗を語り始める。

周りから見れば、おそらく「いつもの徳川まつり姫」に違いはないだろう。

だが、まつり自身が納得出来ないものは、それはもはや「姫」ではない。

そんな、些細な事を、彼女は事細かに俺に話す。

それは、嘘をついた事に対する懺悔の様にも見えて来る。

まつり「…と、こう言うことがあったんだ。」

P「なるほどね。」

一通り話し終えたまつりは、少しだけ表情が明るくなる。

まつり「…もっと頑張らなくちゃね。」

P「それは大事だ。…でも、見失うなよ。」

まつりは、その言葉を聞くと、すっと立ち上がり。

まつり「…ありがと。もう大丈夫なのですよ!」

と言って、スキップしながら階下へと戻っていった。

一人取り残された俺は、話の内に灰となったタバコを灰皿に放り投げ、

P「…もう一服していくか。」

再びタバコを取り出し、使い込んだジッポで火をつける。

さっきより少し苦い煙を吸い込み、ゆっくりと吐き出す。

P「…見失っても、見つかるだろうさ。」

一人呟き、静かな屋上から見える風景を楽しむ。

特になんて事のない会話。

特になんて事のない日常。

そんな日常も、彼女たちにも、俺にとっても、大切でありますように。

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す