GoogleCloudPlatformでMastodon構築

GoogleCloudPlatformでMastodon構築

この記事ではGCPでのMastodonの構築について書いています。
また、当記事では一般的なMastodonインスタンス(オブジェクトストレージや外部DBサーバーを使わないインスタンス)を作ることを目的にしています。

構築の流れ

  • GCPアカウント作成
  • VMインスタンスの作成
  • SSHログイン用の鍵の登録
  • Rubyコンパイル
  • 依存パッケージのインストール
  • Mastodonのインストール
  • Nginxの設定

1.GCPアカウントの作成

ここにアクセスをし適宜情報を入れてアカウントを作成してください。初回登録時は$300クーポンが貰えます。

2.VMインスタンスの作成

アカウント作成が終わったら、Compute engine>VMインスタンスをクリックし、インスタンスを作成します。
リージョンはasia-northeast(東京リージョン)を、マシンタイプはデフォルトのままで結構です。

今回はOSにCentos7を使用します。

また、ディスクサイズはSSDの30GBにします。(ここはお好みで構いません。後に追加もできます)

HTTP(S)トラフィックを有効にするのを忘れずに

決定を押すと1分ほどでVMインスタンスが立ち上がります。

3.SSHログイン用の鍵を登録

このままではブラウザ上からしかSSHログイン出来ませんので、SSHの公開鍵をGCPに登録してあげます。
まず、Tera TermなどのSSHクライアントでRSA鍵などの適切な鍵を作成します。(ユーザー名、パスワードは必ず覚えといてください。ログイン時に必要になります。)
その後、作成した公開鍵をGCPのCompute engine > メタデータ > SSH認証鍵のボックスに入れ、保存します。
これでSSH鍵を使ってSSHログイン出来るようになります。

4.Rubyのコンパイル

SSHログイン後、以下のコマンドを実行し、Rubyをインストールします。
sudo -i
yum -y update && yum -y groupinstall "Development tools"
yum install -y readline-devel libffi-devel wget
cd /tmp
wget https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.1.tar.gz
tar zxvf ruby-2.4.1.tar.gz
cd ruby-2.4.1
./configure
make
make install

おそらくこれでRubyがインストールされます。
ruby -vでバージョンが表示されたら正常にインストールされています。

5.依存パッケージのインストール

yum install -y yum-utils
yum-config-manager --enable epel
yum install -y http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-5.el7.nux.noarch.rpm
curl -sL https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | bash -
yum update -y
yum install -y ImageMagick ffmpeg redis rubygem-redis postgresql-{server,devel,contrib} authd nodejs {libxml2,libxslt,protobuf,ffmpeg,libidn,libicu,libpqxx}-devel protobuf-compiler nginx jq bind-utils
npm install -g yarn

次に、データーベースの作成とRedisの起動を行います。
postgresql-setup initdb
sed -i "s/ident/trust/" /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
systemctl enable postgresql redis
systemctl start postgresql redis
su - postgres -c "createuser --createdb mastodon"

6.Mastodonのインストール

Mastodonユーザーを作成します
useradd mastodon
次にMastodonユーザーにログインし、Mastodonのインストールを行います。
su - mastodon
変数の定義をします。取得したドメインを以下のように入力してください。
export DOMAIN=取得したドメイン
git clone https://github.com/tootsuite/mastodon.git live
cd live
git checkout \$(git tag|grep -v rc|tail -1)
gem install bundler
bundle install --deployment --without development test --path=vendor/bundle
yarn install --pure-lockfile
cp .env.production{.sample,}
export RAILS_ENV=production
SKB=$(bundle exec rake secret)
PS=$(bundle exec rake secret)
OS=$(bundle exec rake secret)
export $(bundle exec rake mastodon:webpush:generate_vapid_key)
sed -i -e "s/^VAPID_PRIVATE_KEY=/VAPID_PRIVATE_KEY=${VAPID_PRIVATE_KEY}/" \
-e "s/^VAPID_PUBLIC_KEY=/VAPID_PUBLIC_KEY=${VAPID_PUBLIC_KEY}/" .env.production
sed -i -e "s/_HOST=[rd].*/_HOST=localhost/" \
-e "s/=postgres$/=mastodon/" \
-e "s/^LOCAL_DOMAIN.*/LOCAL_DOMAIN=${DOMAIN}/" \
-e "s/^SECRET_KEY_BASE=/SECRET_KEY_BASE=${SKB}/" \
-e "s/^PAPERCLIP_SECRET=/PAPERCLIP_SECRET=${PS}/" \
-e "s/^OTP_SECRET=/OTP_SECRET=${OS}/" .env.production
bundle exec rails db:setup
bundle exec rails assets:precompile

これでMastodonのインストールは終わりです。
次にsystemdファイルを書きます。
mastodon-web
cat < /etc/systemd/system/mastodon-web.service
[Unit]
Description=mastodon-web
After=network.target
[Service]
Type=simple
User=mastodon
WorkingDirectory=/home/mastodon/live
Environment="RAILS_ENV=production"
Environment="PORT=3000"
ExecStart=/usr/local/bin/bundle exec puma -C config/puma.rb
TimeoutSec=15
Restart=always
[Install]
WantedBy=multi-user.target
_EOF_

mastodon-sidekiq
cat < /etc/systemd/system/mastodon-sidekiq.service
[Unit]
Description=mastodon-sidekiq
After=network.target
[Service]
Type=simple
User=mastodon
WorkingDirectory=/home/mastodon/live
Environment="RAILS_ENV=production"
Environment="DB_POOL=5"
ExecStart=/usr/local/bin/bundle exec sidekiq -c 5 -q default -q mailers -q pull -q push
TimeoutSec=15
Restart=always
[Install]
WantedBy=multi-user.target
_EOF_

mastodon-streaming
cat < /etc/systemd/system/mastodon-streaming.service
[Unit]
Description=mastodon-streaming
After=network.target
[Service]
Type=simple
User=mastodon
WorkingDirectory=/home/mastodon/live
Environment="NODE_ENV=production"
Environment="PORT=4000"
ExecStart=/usr/bin/npm run start
TimeoutSec=15
Restart=always
[Install]
WantedBy=multi-user.target
_EOF_

編集 🐘トゥート

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す